三京化成が「プロテクションサービス」を導入(エフセキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

三京化成が「プロテクションサービス」を導入(エフセキュア)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 エフセキュア株式会社は12月10日、三京化成株式会社がエフセキュアの「プロテクションサービス」を導入したと発表した。同サービスは、セキュリティソフトウェアと管理ポータルを含むSaaS型のセキュリティソリューション。三京化成では、PCのセキュリティ対策として10年前からアンチウイルス製品を導入していたが、人員の増加に伴いPCやライセンス管理が非常に手間になっていた。また、国内7拠点にあるすべてのPCを本社の管理部情報システム課で一元管理することが、物理的に難しい状況も抱えていた。

 三京化成の管理部次長・情報システム課長である向田邦彦氏は、同サービスの評価点として、「管理画面でパターンファイルの更新状態が一元管理でき、更新が滞っているPCにだけアナウンスすればすむようになった。」「パターンファイルの更新が自動で行われ、更新時の動作も軽く業務の妨げにならない。」「200台まで対応できる『オフィスパック』を導入したので、PCの追加があっても新たなライセンスの発生がなく、コスト削減につながった。」「ライセンス料において従来と比べ、約20%のコストダウンを達成した」「旧製品のアンインストールからプロテクションサービスのインストールまでが自動で行われるので、失敗がなくとても便利な機能だった。」「サポートセンターの対応に非常に満足している。」を挙げている。

http://www.f-secure.co.jp/news/200812101/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×