患者情報がWinny上に流出(大阪府立母子保健総合医療センター) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.23(火)

患者情報がWinny上に流出(大阪府立母子保健総合医療センター)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 大阪府立母子保健総合医療センターは8月29日、同センターの放射線科技師が業務上作成した情報が、外部に流出したと思われることが外部からの通報により判明したと発表した。これは8月24日、同センターに「御センターの内部情報がファイル交換ソフトを介し2ちゃんねるに流出している」という旨の匿名のFAXが届いたことで判明したもの。調査の結果、同技師が仕事上用いているUSBメモリを自宅に持ち帰り、自宅のPCを取り扱ったため、Winnyあるいはウイルス汚染によりUSB内の情報が流出した可能性があることがわかったという。

 流出した可能性のある患者情報はリスト5つ分で、リスト1には氏名、性別、患者番号、年令、身長、全脊椎の測定値、骨盤幅、撮影日など213名分、リスト2には氏名、患者番号、撮影日、病棟名など19名分、リスト3には氏名、患者番号、主治医、照射部位、照射予定日程153名分、リスト4には氏名、患者番号、性別、撮影日、撮影部位名称13名分(うち7名はレントゲン写真も含む)、リスト5には氏名、患者番号、足と足関節の単純撮影画像2名分が含まれていた。


http://www.mch.pref.osaka.jp/osirase/kozinzyouhou/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×