情報漏洩対策ソフトウェア「CWAT」の最新バージョンを10月末に発売(インテリジェント ウェイブ) | ScanNetSecurity
2020.10.21(水)

情報漏洩対策ソフトウェア「CWAT」の最新バージョンを10月末に発売(インテリジェント ウェイブ)

 株式会社インテリジェント ウェイブは8月21日、同社の情報漏洩対策ソフトウェア「CWAT(シーワット)」の最新バージョン4.0を10月27日に出荷開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社インテリジェント ウェイブは8月21日、同社の情報漏洩対策ソフトウェア「CWAT(シーワット)」の最新バージョン4.0を10月27日に出荷開始すると発表した。

 CWATは、クライアント端末の制御と監視サーバで企業情報を守る情報漏洩対策ソフトウェア。今回出荷する最新版4.0は、言語を問わないキーワード検知を実現するUnicode対応を始め、64ビットプロセス監視、IPv6対応(IPv4と混在可)などグローバル化を推進。加えて、圧縮ファイル内のキーワード検知など、ファイル監視機能や外部デバイスに対する監視・制御機能も強化されている。また、監視サーバソフトウェアの操作性の向上、ユーザー環境に応じた柔軟な管理者設定など、運用性も向上している。

 動作環境は、サーバOSがWindows Server 2003 R2 SP1及びSP2、クライアントOSがWindows 2000 Pro/XP Pro/Vista。サーバは、.NET Framework 3.0 SP1、SQL Server 2005 Enterprise Edition、Internet Information Server 6.0が動作する環境。価格は、サーバソフトが50万円〜250万円、クライアントソフトが6,000円〜18,700円/台。

http://www.iwi-security.com/news_080821.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×