純国産のシグネチャ型Webアプリケーション・ファイアウォールを発売(JP-Secure) | ScanNetSecurity
2020.05.29(金)

純国産のシグネチャ型Webアプリケーション・ファイアウォールを発売(JP-Secure)

 株式会社ジェイピー・セキュア(JP-Secure)は8月1日、初期設計・設定が不要のシグネチャ型Webアプリケーション・ファイアウォール(WAF)「SiteGuard(サイトガード)」の発売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社ジェイピー・セキュア(JP-Secure)は8月1日、初期設計・設定が不要のシグネチャ型Webアプリケーション・ファイアウォール(WAF)「SiteGuard(サイトガード)」の発売を開始した。

 SiteGuardは、日本のインターネット文化を熟知した、ネットワーク・セキュリティの専門家によって開発された純国産のWAF製品。専門家によってチューニングされた高速で高品質のトラステッド・シグネチャ(定義ファイル)を標準搭載し、多重防御機能と併用して、既知の攻撃の97%(同社調べ)を防御可能。さらに、自己学習する「パラメータ検査機能」により、自社アプリケーションに対応したホワイトリストの作成が可能なため、未知の攻撃への予防も行える。

 これにより、従来のWAFの問題点であった導入・運用時の複雑な設計/設定作業が不要となり、専門的な知識が無いユーザーでも簡単に導入・運用することが可能。また、トラステッド・シグネチャの自動更新により導入・運用負荷も大幅に削減できるとしている。価格は、サーバライセンスが1,780,000円、次年度以降の更新価格が534,000円。

http://www.jp-secure.com/cont/news/2008/080801.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×