メール送信設定ミスで70名のメールアドレスが流出(TBS) | ScanNetSecurity
2021.08.04(水)

メール送信設定ミスで70名のメールアドレスが流出(TBS)

 株式会社東京放送(TBS)は7月25日、視聴者への案内メールで送信設定ミスが発生したと発表した。これは、TBSテレビの「イブニング・ファイブ」等で放送した企画「余命一ヶ月の花嫁」の番組ホームページにメールで意見・感想を寄せた視聴者を対象に、7月21日から22日に

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社東京放送(TBS)は7月25日、視聴者への案内メールで送信設定ミスが発生したと発表した。これは、TBSテレビの「イブニング・ファイブ」等で放送した企画「余命一ヶ月の花嫁」の番組ホームページにメールで意見・感想を寄せた視聴者を対象に、7月21日から22日にかけて「余命一ヶ月の花嫁・シンポジウム」(8月3日開催予定)の案内をメールで行っていたところ、誤ってCC(カーボンコピー)の形式で一斉送信してしまうミスが発生したというもの。その結果、70名の視聴者のメールアドレスがお互いに表示されてしまう結果となった。同社では該当する視聴者に対し、その旨をメールで知らせお詫びしているという。


http://www.tbs.co.jp/company/owabi/20080725.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×