国内中堅中小企業セキュリティ市場分析を発表(IDC) | ScanNetSecurity
2024.06.13(木)

国内中堅中小企業セキュリティ市場分析を発表(IDC)

IDC Japan 株式会社は6月9日、国内中堅中小企業のセキュリティ投資に関する調査「2008年 国内セキュリティアウトソースサービス需要分析:ユーザーニーズ調査」の結果を発表した。発表によると、国内セキュリティ市場は2007年に前年比13.6%の成長率を示し、2007年から2

製品・サービス・業界動向 業界動向
IDC Japan 株式会社は6月9日、国内中堅中小企業のセキュリティ投資に関する調査「2008年 国内セキュリティアウトソースサービス需要分析:ユーザーニーズ調査」の結果を発表した。発表によると、国内セキュリティ市場は2007年に前年比13.6%の成長率を示し、2007年から2012年の年間平均成長率(CAGR)は12.3%と、高い成長率で推移すると予測している。これには大企業の継続的な投資に加え、中堅中小企業によるセキュリティアウトソース市場の伸張がポイントとなるとしている。

また、2008年のセキュリティ投資を「前年より増加する」とした企業が、従業員1,000人から2,999人の企業で19.7%、3,000人以上の企業で20.6%であるのに対し、250人から499人の企業が24.8%、500人から999人の企業が25.3%となっており、中堅中小企業が大企業を上回った。今後のセキュリティ対策導入の形態としては、ファイアウォール、不正侵入検知、アイデンティティアクセス管理、アンチウイルス対策、メールセキュリティなどのセキュリティソリューションで、自社運用よりアウトソースサービス利用を選択する企業数が1.5倍から1.8倍と上回る結果となっている。

http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20080609Apr.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×