IPAを騙る「なりすましメール」、ウイルス感染の恐れも | ScanNetSecurity
2020.11.26(木)

IPAを騙る「なりすましメール」、ウイルス感染の恐れも

 IPA/ISEC(独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター)は4月16日、同機構を騙った「なりすましメール」が出回っていることを確認したと発表した。メール本文には、同機構がWebで公開している情報セキュリティに関わる注意喚起や調査報告書について書かれてお

製品・サービス・業界動向 業界動向
 IPA/ISEC(独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター)は4月16日、同機構を騙った「なりすましメール」が出回っていることを確認したと発表した。メール本文には、同機構がWebで公開している情報セキュリティに関わる注意喚起や調査報告書について書かれており、PDFファイルが添付されている。このPDFファイルにはウイルスが仕掛けられている。

 Adobe Readerの脆弱性を修正していない場合にこの添付ファイルを開くと、PCがウイルスに感染する可能性が高く危険なため、すぐ削除するよう呼びかけている。なお、現在確認している「なりすましメール」には、メールアドレス「vuln-inq@ipa.go.jp」、件名「セキュリティ調査報告」、添付ファイル名「調査報告書.pdf」という特徴があるとしているが、これらは変わる可能性があるため、これ以外の場合でも注意が必要としている。


IPA/ISEC:IPA を騙った「なりすましメール」にご注意ください
http://www.ipa.go.jp/security/topics/alert20080416.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×