北國銀行、ソフトウェアの不具合により232件のメールアドレスを誤送信 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.26(水)

北國銀行、ソフトウェアの不具合により232件のメールアドレスを誤送信

 株式会社北國銀行は4月2日、インターネットバンキングサービス「ダイレクトチャネル」の利用会員である一部の顧客に対し、サービスの案内についてのメールを一斉送信したところ、メールソフト(セキュリティ管理ソフト)の不具合により、他の会員のメールアドレスを表

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社北國銀行は4月2日、インターネットバンキングサービス「ダイレクトチャネル」の利用会員である一部の顧客に対し、サービスの案内についてのメールを一斉送信したところ、メールソフト(セキュリティ管理ソフト)の不具合により、他の会員のメールアドレスを表示した文面を誤って送信するという事態が発生したと発表した。氏名などメールアドレス以外の本人を特定する情報は表示されておらず、現在のところ会員以外に送信された形跡はないとしている。

 誤送付の対象となった顧客は232名だが、念のため一斉送信の対象となった顧客400名に対してメールにて同日中にお詫びとともに事実を通知し注意を促しているという。なお、「ダイレクトチャネル」利用の顧客でも、4月1日に同行よりメールで通知のない顧客については本件の対象ではないという。


北國銀行:お客さまのメールアドレスの誤送信について
http://www.hokkokubank.co.jp/news/2008/080402.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×