日本をターゲットとする改竄行為が継続的に発生--ラックが観測 | ScanNetSecurity
2023.01.29(日)

日本をターゲットとする改竄行為が継続的に発生--ラックが観測

 株式会社ラックは3月12日、同社のリモートセキュリティ監視センターである「JSOC(Japan Security Operation Center)」が、3月11日の夜から継続的に日本をターゲットとしたSQLインジェクションによるホームページ改竄行為を検知していると発表した。また、同行為によ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社ラックは3月12日、同社のリモートセキュリティ監視センターである「JSOC(Japan Security Operation Center)」が、3月11日の夜から継続的に日本をターゲットとしたSQLインジェクションによるホームページ改竄行為を検知していると発表した。また、同行為により改竄されたページへのアクセスを行うと、利用者が意図しないうちにマルウェアに感染するページにアクセスしてしまうことも確認された。

 今回の攻撃は、主にASPによるWebアプリケーションの脆弱性を悪用することが非常に多く観測されている。その他の環境も攻撃対象になる可能性もあるが、現時点では未確認だという。また、今回観測されている改竄行為は、SQLインジェクションにより企業や組織等のサーバのWebページの一部にwww.2117966.netへのリンクを埋め込んでいる。このリンクは、通常ブラウザ等では確認できないSCRIPTタグのSRC要素として埋め込まれる。感染するマルウェアは、オンラインゲームの情報を感染PCから盗み出すタイプと推定されるという。


ラック:日本をターゲットとしたSQLインジェクションによるホームページ改ざん行為と、同行為により改ざんされたページへのアクセスによるマルウェア感染について
http://www.lac.co.jp/news/press20080312.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×