進化を続けるセキュリティソフト 第2回 NOD32の高検知率を受け継ぐESET Smart Security | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.18(水)

進化を続けるセキュリティソフト 第2回 NOD32の高検知率を受け継ぐESET Smart Security

特集 特集

AV-Comparatives.orgの「Overall(総合最優秀アンチウイルス製品)」に2006、2007年と2年連続で選ばれ、セキュリティ業界でも評判が良いことで知られる「NOD32」、そのスイート製品でもある「ESET Smart Security」が昨年11月に販売された。昨年11月、日経新聞の一面広告や、電車広告などの大規模な宣伝で世間の注目を集めたが、「NOD32」との機能の違いは何か、そもそも販売に至った経緯は何かを知るため、SCAN編集部は販売元のキヤノンシステムソリューションズ株式会社セキュリティソリューション事業部の岸井氏より話を聞いた。



●口コミで広がるユーザー

SCAN:
「NOD32」は、ITリテラシーの高い、コアユーザーが多いイメージがありますが、「ESET Smart Security」もそうですか?

岸井氏:
実は、「ESET Smart Security」には、初心者ユーザーの方もかなりいらっしゃいます。そういった方々は、既に「NOD32」を使用し満足されているユーザーの方から「ESET Smart Security」を勧められて購入された方です。「ESET Smart Security」を購入される方は、店頭で悩まずにすぐにパッケージを持ってレジに行く、事前にきちんと情報を集めていた目的意識の高い方が殆どです。

また、年齢層の高いユーザーも多く、以前新聞の読者プレゼントとして「ESET Smart Security」を提供したら、60代の方からの応募が多く驚きました。

●今後の「NOD32」、「ESET Smart Security」

SCAN:
今まで「NOD32」は、法人に向けてどのように展開していきましたか?

岸井氏:
法人様へは「NOD32」販売当初、主に数十名規模の会社をターゲットとして、10ライセンス毎といった小さいライセンスを買って頂きました。このような中小企業では、各種セキュリティソフトを時期もバラバラにパッケージで購入されているところが多く、ライセンスの管理が煩雑になっていました。そこへ「NOD32」をライセンス提供し、管理の煩雑さを解消することに成功しました。現在でも、10ライセンス〜50ライセンスといった中小企業の中では、高いシェアを持っています。最近では数千ライセンスのお客さまからも引き合いもあり、今後は、「パフォーマンスの良さ」を切り口に、セキュリティ対策ソフトの乗り換えを期待しています。

SCAN:
現在、法人へは「NOD32」しか提供していませんが、今後「ESET Smart Security」の提供もあるのでしょうか?

岸井氏:
今後、「ESET Smart Security」の法人向けライセンスの販売も検討していますが時期は未定です。また、「NOD32」の内部エンジンをバージョンアップしたものも、「ESET Smart Security」と並行して販売していきたいと思っています。

SCAN:
製品の課題としては、どんなことを考えていますか?

岸井氏:
今後も、ウイルス対策ソフト、セキュリティ総合ソフトとしての機能を突き詰めていきたいと思います。コンセプトである「軽快な動作」、「高い検出率」をより高めていきたいです。

SCAN:
最後に、岸井氏の考える良いセキュリティ対策ソフトを選ぶコツを教えて下さい。

岸井氏:
日本人は、「みんなが使っているモノ」「お店に並んでいるモノ」、「店員が勧めるモノ」を好む傾向がありますが、ブランドに左右されてはダメだと思います。お店に沢山並んでいるからといって、安易にその製品を買うのではなく、自らがきちんとどの製品が良いかを見極めてから買って欲しいですね。

「ESET Smart Security」、「NOD32」のパッケージ
【執筆:編集部】


【関連記事】
進化を続けるセキュリティソフト 第1回 NOD32の軽い動作を受け継ぐESET Smart Security
https://www.netsecurity.ne.jp/3_11082.html
「NOD32」と「ESET Smart Security」比較使用体験記 (1) 導入と運用https://www.netsecurity.ne.jp/3_11171.html
「NOD32」と「ESET Smart Security」比較使用体験記 (2) NOD32とESET、ESETとノートンを比較
https://www.netsecurity.ne.jp/3_11198.html


【関連リンク】
キヤノンシステムソリューションズ株式会社
http://canon-sol.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

    グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

  2. [対談] 人工知能は重要経営課題となったサイバーリスクに対抗できるか

    [対談] 人工知能は重要経営課題となったサイバーリスクに対抗できるか

  3. マンガで実感 !! サイバーセキュリティ 第1話「静かなる目撃者」

    マンガで実感 !! サイバーセキュリティ 第1話「静かなる目撃者」

  4. Heart of Darknet - インターネット闇の奥 第3回「アクターとダークウェブ」

  5. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第4回 「"やりかねない"男」

  6. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第1回 「プロローグ:身代金再び」

  7. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  8. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第2回 「二重帳簿」

  9. Man in the Browser と Man in the Middle 攻撃(CA Security Reminder)

  10. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第3回「通信密室」

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×