名古屋都市産業振興公社、メールニュースの設定ミスで888名のアドレスを流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

名古屋都市産業振興公社、メールニュースの設定ミスで888名のアドレスを流出

製品・サービス・業界動向 業界動向

財団法人名古屋都市産業振興公社は2月20日、誤操作によるメール送信により、電子メールアドレスが流出したことが判明したと発表した。これは「名古屋都市産業振興公社メールニュース」を2月20日に送信した際、誤って宛先欄に他の情報提供希望者の電子メールアドレスを掲載してしまったというもの。流出したメールアドレスは888名分で、受信者からの指摘で判明した。同社では電子メールでお詫びをし、当該電子メールの削除を依頼したという。

名古屋都市産業振興公社:「名古屋都市産業振興公社メールニュース」における電子メールアドレスの流出について
http://www.u-net.city.nagoya.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×