Weekly Topics:10万件近いウェブサイトがマルウェアに感染 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.22(木)

Weekly Topics:10万件近いウェブサイトがマルウェアに感染

国際 海外情報

 Fortune 500に名前を連ねる企業をはじめ、州政府機関、学校などのウェブサイトが多数、悪意あるコードに感染していると、『Computer World』『Hack in the Box』や『Slapshot』、『The Register』といったITセキュリティサイトが報告している。

 『Slapshot』では、これらのサイトは自動的に行われるSQLインジェクション攻撃により、セキュリティ侵害を受けたと説明している。被害を受けたのは、バージニア州やクリーブランド市に関連する自治体、ボストン大学のウェブサイトだ。

 最初に発見したのは4日に報告しているSANS InstituteのInternet Storm Centerのようだ。その後、数社のセキュリティ企業などが調査に加わり、翌日5日には7万件以上、6日には9万件の感染が確認された。8日に発表された『The Register』の記事によると、執筆時点での感染サイトの数は9万4000件だ。

 セキュリティ企業のGrisoftは、これらのウェブサイトは単純なGoogleを用いての検索でヒットするようなものが中心だった。感染する悪意のコードは、オンラインゲームのユーザのアカウント情報などを盗もうとしたり、クリック詐欺を試みる。

 ハッカーは、データベースを攻撃して情報改ざんなどを行うSQLインジェクション攻撃により、コードを仕掛けたようだ。パッチを行っていなかった脆弱性を攻撃して、ユーザを偽サイトにリダイレクト。キーロガーを仕掛けて、オンラインゲームのパスワードなどを奪おうとする。利用された脆弱性は、RealPlayerに関するものであったという報告もある…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】
──
※ この記事は Scan購読会員向け記事をダイジェスト掲載しました
購読会員登録案内 http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?w02_ssw
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×