基本的な企業サイトの脆弱性診断サービスを開始(OSJ、KDL) | ScanNetSecurity
2021.12.02(木)

基本的な企業サイトの脆弱性診断サービスを開始(OSJ、KDL)

オープンソース・ジャパン株式会社(OSJ)と株式会社神戸デジタル・ラボ(KDL)は12月11日、Webサイトのセキュリティ診断サービスで提携し、メニュー化により35万円(税込)でWebサイトのセキュリティ面での対応状況を診断する「Webサイトセキュリティ診断サービス」を発

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
オープンソース・ジャパン株式会社(OSJ)と株式会社神戸デジタル・ラボ(KDL)は12月11日、Webサイトのセキュリティ診断サービスで提携し、メニュー化により35万円(税込)でWebサイトのセキュリティ面での対応状況を診断する「Webサイトセキュリティ診断サービス」を発表、同日より販売を開始した。本サービスは、KDLの提供するWebセキュリティ診断技術をベースに、手軽に利用できるパッケージサービスとして脆弱性が存在するかの調査と結果をわかりやすくレポートするというもの。

これにより、自社のWebサイトの脆弱性を正しく認識し、計画的にセキュリティ対策を施していくことが可能となる。診断方法は、一般的にクラッカーの入口となる「お問い合わせ」フォームを対象に一般ユーザと同様に外部からアクセスし、擬似的に攻撃(ブラックボックス・テスト)を実施する。診断事前チェックリストの提出から約2週間で、診断報告書と対策方針案が提供される。また、さまざまなサイトに対応する多くのオプションも用意した。

http://www.opensource.co.jp/item/262
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×