基本的な企業サイトの脆弱性診断サービスを開始(OSJ、KDL) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

基本的な企業サイトの脆弱性診断サービスを開始(OSJ、KDL)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

オープンソース・ジャパン株式会社(OSJ)と株式会社神戸デジタル・ラボ(KDL)は12月11日、Webサイトのセキュリティ診断サービスで提携し、メニュー化により35万円(税込)でWebサイトのセキュリティ面での対応状況を診断する「Webサイトセキュリティ診断サービス」を発表、同日より販売を開始した。本サービスは、KDLの提供するWebセキュリティ診断技術をベースに、手軽に利用できるパッケージサービスとして脆弱性が存在するかの調査と結果をわかりやすくレポートするというもの。

これにより、自社のWebサイトの脆弱性を正しく認識し、計画的にセキュリティ対策を施していくことが可能となる。診断方法は、一般的にクラッカーの入口となる「お問い合わせ」フォームを対象に一般ユーザと同様に外部からアクセスし、擬似的に攻撃(ブラックボックス・テスト)を実施する。診断事前チェックリストの提出から約2週間で、診断報告書と対策方針案が提供される。また、さまざまなサイトに対応する多くのオプションも用意した。

http://www.opensource.co.jp/item/262
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×