徳島大学病院、約23万件の患者の個人情報を記録したPCが盗難被害に | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.21(金)

徳島大学病院、約23万件の患者の個人情報を記録したPCが盗難被害に

徳島大学病院は9月13日、患者の個人情報を記録したPCが盗難被害に遭ったと発表した。これは、9月8日深夜から9日9未明(推定)にかけて、医学部臨床研究棟および同院の中央診療棟の複数の部署において、PC等が盗難に遭う事件が発生したというもの。盗難されたPCには、個人

製品・サービス・業界動向 業界動向
徳島大学病院は9月13日、患者の個人情報を記録したPCが盗難被害に遭ったと発表した。これは、9月8日深夜から9日9未明(推定)にかけて、医学部臨床研究棟および同院の中央診療棟の複数の部署において、PC等が盗難に遭う事件が発生したというもの。盗難されたPCには、個人データ約23万件分の情報(氏名、患者番号、生年月日、診断名など)が含まれていた。

なお、同院によると盗難にあったデータはカルテ(診療録)ではなく、病理組織検査・細胞検査や超音波検査のデータで、一部研究用データも含まれているという。また病院のデータにはID、パスワードのほか同院独自のセキュリティが施されており、研究用データについてもIDとパスワードによる保護がなされているため、第三者が内容を閲覧することは困難としている。

徳島大学病院:パソコン等の盗難事件について
http://www.tokushima-hosp.jp/p_news/news.html#150
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×