ソニックウォール、迷惑メールに関する2007年第2四半期の調査結果を発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.26(水)

ソニックウォール、迷惑メールに関する2007年第2四半期の調査結果を発表

ソニックウォールは8月9日、迷惑メールに関する2007年第2四半期の調査結果を発表した。この調査は、同社の「SonicWALL Email Security」ユーザからのレポートおよび同社のSMARTLABSネットワークを通じて得た130万人を超える電子メール利用者の声を集計したもの。同調査に

製品・サービス・業界動向 業界動向
ソニックウォールは8月9日、迷惑メールに関する2007年第2四半期の調査結果を発表した。この調査は、同社の「SonicWALL Email Security」ユーザからのレポートおよび同社のSMARTLABSネットワークを通じて得た130万人を超える電子メール利用者の声を集計したもの。同調査によると2007年第2四半期は、迷惑メール、ウイルス、フィッシングが継続的に増加したほか、PDFやExcel、ZIPなどのファイルを添付する迷惑メールが台頭した。

また、DHA、DoSあるいはそれらに類似する攻撃は、2007年第1四半期と比較して2%減少したが、依然メール全体の55.7%を占めていること。迷惑メール、ウイルス、フィッシングの量が4%増加し、メール全体の37.4%を占めたこと。良性なメールが6.9%だったことなどが明らかになった。PDFスパムは、メール本文にはメッセージがほとんどあるいは全く書かれておらず、通常株式や薬物関連のメッセージがPDFファイルとして添付されるもの。受信者がファイルをクリックすると悪意のあるコードが自動的にダウンロードされる可能性がある。ExcelおよびZIPスパムは、正規のメールを装うことでアンチスパムフィルタを潜り抜け、その量を増加させている。

ソニックウォール
http://www.sonicwall.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×