一太郎の脆弱性を悪用するウイルスに注意を呼びかけ | ScanNetSecurity
2021.07.25(日)

一太郎の脆弱性を悪用するウイルスに注意を呼びかけ

ジャストシステムは8月7日、一太郎シリーズの脆弱性を悪用し、不正なプログラムを埋め込む新たなウイルスの存在を確認したと発表した。悪意のある第三者に不正に改竄された一太郎文書を読み込むことで、任意のコードが実行され、PCが不正に操作される危険性がある。なお

脆弱性と脅威 脅威動向
ジャストシステムは8月7日、一太郎シリーズの脆弱性を悪用し、不正なプログラムを埋め込む新たなウイルスの存在を確認したと発表した。悪意のある第三者に不正に改竄された一太郎文書を読み込むことで、任意のコードが実行され、PCが不正に操作される危険性がある。なお、セキュリティソフトメーカーによる危険度判定では、低レベルと報告されている。

同社では現在、アップデートモジュールを開発中であり、準備ができ次第、速やかに公開するとしている。また、身に覚えのない電子メールに添付されている一太郎文書ファイル、信頼性が保証されていないWebサイトなどにある出所の不明な一太郎文書ファイルを開かないよう、注意を呼びかけている。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×