KCCSに聞く、失敗しないセキュリティ商品選び (1)「商品を売るためのキーワード探しにはもう飽きた」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.19(火)

KCCSに聞く、失敗しないセキュリティ商品選び (1)「商品を売るためのキーワード探しにはもう飽きた」

特集 特集

セキュリティ商材に強い商社や SIer を訪問し、いま売れているセキュリティ商品や、上手なセキュリティ商品選びのコツを、マーケティングや販売、開発の第一線で活躍する専門家に教えてもらう、SCANの人気連載「失敗しないセキュリティ商品選び」ですが、フォーバル クリエーティブ、住商情報システムと来て、3回目の今回は、京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)の徳丸 浩 氏を訪ねました。

京セラコミュニケーションシステム株式会社
http://www.kccs.co.jp/
KCCSのID管理システム:GreenOffice Directory
https://www.netsecurity.ne.jp/product/s00343/



>> 製造業系の情報子会社が成功できた理由

─まず、KCCSとはどんな会社ですか?

KCCSは、京セラの情報システム部門が独立してできた会社で、すでに12年が経過しています。独立の際、正確には情報システム部門と「APS事業部」がひとつになっています。情報システム部門はコボルを中心にシステム開発を行うような、言わば保守的な雰囲気を持つところでしたが、APS事業部は当時「マイコン」と呼ばれていた16ビットのPCで何かをやろうとする、ベンチャー気質に富んだ事業部でした。

この相反するような部署がひとつになったことが、結果として良かったのかも知れません。製造業系の情報子会社というのは、他の企業に買収されることも多く、あまりうまくいかないとされています。その点では、KCCSは成功した例といえるでしょう。当初はセキュリティ中心ではありませんでしたが、Tripwire社の創業者に出資の依頼を受けたことから、セキュリティ製品を扱うようになりました。

─最近のセキュリティ製品の傾向を教えてください

ホームページなどの改ざんに対する事前検知の必要性が、日本でもようやく認識されてきた印象があります…

【執筆:吉澤亨史】

──
この記事には続きがあります。
全文はScan Security Management本誌をご覧ください。

◎有料版Scan申込> http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m02_ssm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×