手ごわいDOS攻撃 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.21(日)

手ごわいDOS攻撃

国際 海外情報

スパム監視団体、Spamhaus、Spam URI Realtime Blocklists (SURBL)、Realtime URI Blacklist (URIBL)のウェブサイトが先週、DOS攻撃を受けたと、英国の『The Register』が伝えた。

DOS攻撃とは、ネットワークを構成するサーバなどに対して攻撃を行い、他のユーザーへのサービスの提供を不能な状態にすることを言う。"Denial of Service Attack"、すなわち英語の"サービス拒否攻撃"の頭文字をとった言葉だ。

Webサーバ、FTPサーバ、メールサーバなど、主にインターネット上にあるサーバに大量のアクセス要求を送り付け、サーバの負荷を高めて過負荷でダウンさせたり、アクセス集中により、他の正当なユーザーへのサービスを妨げたりする攻撃を指す。ユーザーはウェブサイトが閲覧できなくなったり、あるいはインターネットでの取引ができなくなってしまう。

今回の被害者の1つ、Spamhausは、スパム送信者(スパマー)のIPアドレスをリストにしたデータベースであるRBL(Realtime Blackhole ListまたはRealtime Blocking Listの略)を提供する。迷惑メール対策を行うソフトウェアでは、SpamhausのRBLを利用しているものが多く、Spamhausは"スパマーの敵"のような存在だ。Spam URI Realtime Blocklists もRealtime URI Blacklistも、スパマーのIPアドレスのリストが利用できる。

犯人は見つかっておらず…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×