「検索エンジンの安全性に関する調査報告」第3版を公開(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

「検索エンジンの安全性に関する調査報告」第3版を公開(マカフィー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

マカフィー株式会社は、「検索エンジンの安全性に関する調査報告」の第3版を公開した。同調査は、米国での主要検索エンジン(Google/Yahoo!/MSN/AOL/Ask)を対象とし、使用頻度の高い2,300個の一般的なキーワードで検索を実行。検索エンジンが返した検索結果のうち最初の50件を「McAfeeSiteAdvisor」のウェブ セーフティ データベースと比較し、危険なサイトは赤、注意を要するサイトは黄色で評価したもの。

評価によると、全検索結果の4.0%が危険なサイトにリンクしてたほか、赤または黄色の評価を受けた検索結果が最も少なかったのはAOLで2.9%、最も多いのはYahooで5.4%であった。さらにリスティング広告には、一般検索結果の2.4倍の危険なサイトが含まれており、すべてのリスティング広告の6.9%が赤または黄色の評価を受けていた。

http://www.mcafee.com/japan/about/prelease/pr_07a.asp?pr=07/06/05-1
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×