文章の無断アップロードでアフィリエイト収入を得ていた男性を逮捕 | ScanNetSecurity
2021.09.24(金)

文章の無断アップロードでアフィリエイト収入を得ていた男性を逮捕

ACCS(社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)によると、千葉県警生活経済課と柏署は5月14日、自らが運営するホームページに書籍の文章を権利者(作家)に無断でアップロードして送信できる状態にし、インターネットユーザに閲覧させていた大阪府堺市の派遣社員男

製品・サービス・業界動向 業界動向
ACCS(社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)によると、千葉県警生活経済課と柏署は5月14日、自らが運営するホームページに書籍の文章を権利者(作家)に無断でアップロードして送信できる状態にし、インターネットユーザに閲覧させていた大阪府堺市の派遣社員男性(43歳)を、著作権法違反の疑いで逮捕し、15日に千葉地検松戸支部に送致した。

この男性は平成18年12月8日、株式会社学習研究社が発行する書籍「最新版 香水の教科書」のほぼ全てである109章分の文章を無断で、自らが運営するホームページを通じ不特定多数のインターネットユーザに対して自動的に送信できる状態にし、同書の作者である榎本雄作氏の著作権(公衆送信権)を侵害していた。男性はアフィリエイト収入を得るため、約100のURLを持ち、毎月約10万円の収入を得ていたという。

ACCS:ニュースリリース
http://www2.accsjp.or.jp/topics/release2.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×