個人情報が記載された書類、強風により事務所から紛失 | ScanNetSecurity
2021.09.24(金)

個人情報が記載された書類、強風により事務所から紛失

医療法人財団 河北総合病院および河北 サテライト クリニックは5月14日、同クリニック内の居宅介護支援事業所および訪問看護事業所において、利用者の個人情報の一部が記載された書類が紛失したと発表した。これは5月11日、事務所の窓を開けた瞬間、強風により同書類が外

製品・サービス・業界動向 業界動向
医療法人財団 河北総合病院および河北 サテライト クリニックは5月14日、同クリニック内の居宅介護支援事業所および訪問看護事業所において、利用者の個人情報の一部が記載された書類が紛失したと発表した。これは5月11日、事務所の窓を開けた瞬間、強風により同書類が外部に飛散したというもの。

同クリニックでは、直ちに職員総出で回収にあたり、その後も回収作業を継続しているが、5月13日正午の時点で171名分の情報が紛失している。紛失した書類には、利用者の氏名、生年月日、介護保険被保険者番号、介護サービスの種類、介護区分などが記載されていた。なお、住所、電話番号は含まれていないとしている。

河北総合病院:居宅介護支援事業所および訪問看護事業所における個人情報の一部を含む書類紛失のご報告とお詫び
http://www.kawakita.or.jp/oshirase/070514.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×