増加する米政府機関への攻撃 | ScanNetSecurity
2021.09.24(金)

増加する米政府機関への攻撃

4月23日付の『USA Today』が、重要な政府機関や企業の特定個人を標的に定めたサイバー攻撃が増加していると伝えている。これらの攻撃はMicrosoft社のOfficeのファイルを用いて行われているものだ。

国際 海外情報
4月23日付の『USA Today』が、重要な政府機関や企業の特定個人を標的に定めたサイバー攻撃が増加していると伝えている。これらの攻撃はMicrosoft社のOfficeのファイルを用いて行われているものだ。

かつて、ウィルス送付にはexe形式のファイルが送付されていた。exe形式は実行可能形式とも言われ、e-mailなどに添付されたexeファイルをクリックすると、ウィルスファイルがインストールされてしまうというものだ。

しかし、exeは危ないということが広く知られるようになってきて、ウィルス送付側はpdfファイルなどの他の形式のファイルを用い始めた。そして、最近ではWordやExcel、PowerPoint形式の添付ファイルとして送付されるケースが増えているという。

攻撃されていることに気付かずに受信者がこれらの添付ファイルをクリックすると悪質なプログラムに感染して、そのPCは攻撃者に操られてしまう。そして、感染したPCを足がかりに、さらに組織のネットワークを攻撃していく。

『USA Today』の記事は…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×