3月期のインターネット治安情勢を発表、Scanなど不正アクセスが増加(警視庁) | ScanNetSecurity
2021.08.03(火)

3月期のインターネット治安情勢を発表、Scanなど不正アクセスが増加(警視庁)

警視庁は4月13日、2007年3月期のインターネット治安情勢レポートを、同庁のセキュリティポータルサイト「@police」にて公開した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
警視庁は4月13日、2007年3月期のインターネット治安情勢レポートを、同庁のセキュリティポータルサイト「@police」にて公開した。

発表によると、3月期におけるファイアウォールに対するアクセス件数は447,942件で、1日当たり約14,450件のアクセスがあったが、対前月比では−24.0%と大きく減少した。2月と比べカナダ、日本、韓国からのアクセスが減少し、米国、中国、台湾からからのアクセスが増加している。ポート別順位の上位5位は、135/TCP、ICMP(Echo Request)、445/TCP、1026/UDP、1027/UDPの順で2月と同じだったが、1026/UDP以外はすべてアクセスが減少した。

不正侵入検知システムにおける不正なアクセスの検知件数は40,290件で、1日当たりの検知件数は約1,300件(対前月比+12.3%)。攻撃手法別で第1位の「Worm(SQL Slammer)」の1日当たりの検知件数は約1,105件とほぼ横ばいだったが、第2位の「Scan」は1日当たり約185件を検知し、2月と比較して約+133件(約+254.7%)と激増した。検知した「Scan」の内訳としてはProxyattemptが数多くを占めているとのこと。また、発信元では、中国の割合が依然として高いが、3月はエストニア、ウクライナからのScanを多数検知したと報告している。

http://www.cyberpolice.go.jp/detect/pdf/20070413.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×