ホワイトペーパー抄録「企業の自己防御:電子メールセキュリティによる社内外リスクの低減」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.18(月)

ホワイトペーパー抄録「企業の自己防御:電子メールセキュリティによる社内外リスクの低減」

特集 特集

■調査概要

本調査レポートは、コンテンツセキュリティについて、また企業システムの社内外での不正使用やウイルス感染保護に対し、コンテンツセキュリティが、どのような効果をもたらすかについて論じる。本調査レポートは、セキュアコンテンツ管理(SCM)のためのアプライアンス、ソフトウェア、サービスを通じてコンピューター関連の脅威から企業および企業利益を守る最良の方法を、企業幹部および上級意思決定者に理解してもらうことを主な目的とする。最後に、あらゆる規模の企業組織内でコンテンツを保護する Clearswift ソリューションについて論じる。

「企業の自己防御:電子メールセキュリティによる社内外リスクの低減」
>> http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?cs01_scw

■概況

コンテンツセキュリティは、電子メールやWeb コンテンツを厳しくチェックするために必要なアンチウイルスやアンチスパムといった対策のみに留まらない。コンテンツセキュリティは、双方向に作用して、社内外で送受信したり、社内に配布される電子メールおよびWeb 上のあらゆるやりとりを取り扱う。このようなSCM システムは、ポリシー違反を特定し、スパム、ウイルス、スパイウェア、クレジットカード情報や社会保障番号などのデータに対し適切に対応する。コンテンツセキュリティを必要とする企業は、アプライアンスからソフトウェア/マネージドサービスまで、自社製品を売り込もうと競い合う大量のベンダーに圧倒されてしまうかもしれない。

しかし、優れた技術だけではもはや不十分である。顧客はより分かりやすく、実装が容易で、新しい脅威やポリシーに合わせて即座に再設定することができて、かつ管理者の負担が少ないSCM ソリューションを求めている。公益事業会社に関する以下のケーススタディが示すように、顧客は、レイヤードセキュリティソリューションの構築を始めている。これらの顧客は、容量を選択的に縮小する粒度の細かい実装によって、ポリシーに関するきめ細かなフィルタリングをより効率的に実行したいと考えている。コンプライアンスおよび社内の「適切な利用」に関するポリシーが複雑化するにつれ、メールフローを管理可能なレベルにまで減らし、細粒度のフィルタリングを効率的に実施する必要性が生じる。このレイヤードアプローチは、ハイレベルな企業コンテンツガバナンスの達成には欠かせない。

顧客が求める機能はほかにもある。事前に設定されたセキュリティポリシーによって、実装時間および管理経費を削減し、重大な法規制を誤って解釈することによる法的責任の発生を回避できる。また、社内外のポリシーの定義と施行を集中化することにより、様々な解釈が不要となる。ほとんどの顧客が影響を受けるであろうデータ保持への法規制を受けて、電子メールの保管は、電子メールセキュリティにとって欠かせない側面となりつつある。これは単純に全ての電子メールを保管すればよいという問題ではない。むしろ、完全に(しかも行き過ぎないように)法的要求に従うためには、管理者は特定の電子メールのみを選択的に復元することができなければならない。さらに、電子メールセキュリティシステムはMicrosoft Exchange やIBM LotusNotes/Domino など、多種多様なメッセージ関連システムをサポートしていなければならない。

「企業の自己防御:電子メールセキュリティによる社内外リスクの低減」
>> http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?cs01_scw

【執筆:IDC , Christian A. Christiansen
Sponsored by: Clearswift】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. ここが変だよ日本のセキュリティ 第31回「中二病全開!アンチ・アンチ・オーディット作戦発動!!」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第31回「中二病全開!アンチ・アンチ・オーディット作戦発動!!」

  2. グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

    グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

  3. [数字でわかるサイバーセキュリティ] 2018年度政府サイバーセキュリティ予算、大規模予算施策一覧

    [数字でわかるサイバーセキュリティ] 2018年度政府サイバーセキュリティ予算、大規模予算施策一覧

  4. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  5. [セキュリティホットトピック] まるで海外アングラサイト? 中学生がフリマアプリでウイルス売買し書類送検

  6. ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

  7. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第11回「五十四歳」

  8. [セキュリティホットトピック] 金融機関情報を狙う「DreamBot」「Gozi・Ursnif」、国内でまた活発化

  9. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第12回「社長面談」

  10. スマホが標的のフィッシング詐欺「スミッシング」とは、現状と対策(アンラボ)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×