ICカードを利用したPC認証システムを拡張し操作ログ管理機能を追加(DNP) | ScanNetSecurity
2020.10.24(土)

ICカードを利用したPC認証システムを拡張し操作ログ管理機能を追加(DNP)

大日本印刷株式会社(DNP)は3月5日、ICカードを利用してPCの操作ログを管理し、不正利用を防止するセキュリティソフト「エンドポイントセーバー・プラス」をアイベクスと共同で開発、4月1日より販売を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
大日本印刷株式会社(DNP)は3月5日、ICカードを利用してPCの操作ログを管理し、不正利用を防止するセキュリティソフト「エンドポイントセーバー・プラス」をアイベクスと共同で開発、4月1日より販売を開始すると発表した。

同ソフトは、非接触ICカードFeliCaとPINによる高度な本人認証により、PCの不正利用を防止するDNPの低価格なセキュリティシステム「エンドポイントセーバー」を拡張し、PC利用者の操作ログ管理機能を新たに追加したもの。「だれが」「いつ」「どのソフトウェアを利用したか」という操作ログを暗号化してPC内に保管。管理者は、定期的にLANを通じてこのログを収集・閲覧することで、オフィス内での不正利用を抑止し、セキュリティレベルを高めることが可能となっている。

Windows2000 Pro SP4/WindowsXP Pro SP1/SP2に対応。ライセンス価格は、PC1台あたり4,000円の予定。ICカード、ICカードリーダーライターを含む導入コストは、500人規模で400万円程度。

http://prw.kyodonews.jp/press/release.do?r=200703059191
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×