ICカードを利用したPC認証システムを拡張し操作ログ管理機能を追加(DNP) | ScanNetSecurity
2021.07.27(火)

ICカードを利用したPC認証システムを拡張し操作ログ管理機能を追加(DNP)

大日本印刷株式会社(DNP)は3月5日、ICカードを利用してPCの操作ログを管理し、不正利用を防止するセキュリティソフト「エンドポイントセーバー・プラス」をアイベクスと共同で開発、4月1日より販売を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
大日本印刷株式会社(DNP)は3月5日、ICカードを利用してPCの操作ログを管理し、不正利用を防止するセキュリティソフト「エンドポイントセーバー・プラス」をアイベクスと共同で開発、4月1日より販売を開始すると発表した。

同ソフトは、非接触ICカードFeliCaとPINによる高度な本人認証により、PCの不正利用を防止するDNPの低価格なセキュリティシステム「エンドポイントセーバー」を拡張し、PC利用者の操作ログ管理機能を新たに追加したもの。「だれが」「いつ」「どのソフトウェアを利用したか」という操作ログを暗号化してPC内に保管。管理者は、定期的にLANを通じてこのログを収集・閲覧することで、オフィス内での不正利用を抑止し、セキュリティレベルを高めることが可能となっている。

Windows2000 Pro SP4/WindowsXP Pro SP1/SP2に対応。ライセンス価格は、PC1台あたり4,000円の予定。ICカード、ICカードリーダーライターを含む導入コストは、500人規模で400万円程度。

http://prw.kyodonews.jp/press/release.do?r=200703059191
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×