国立病院機構東埼玉病院、個人情報を記録したメモリを紛失 | ScanNetSecurity
2021.09.29(水)

国立病院機構東埼玉病院、個人情報を記録したメモリを紛失

埼玉県蓮田市の国立病院機構東埼玉病院は2月6日、個人情報を記録したメモリを紛失したことが判明したと発表した。紛失が判明したのはメモリースティックで、重症心身障害者病棟に入院したすべての患者(73名分)の氏名、住所、生年月日、病名、入退院年月日などが記録さ

製品・サービス・業界動向 業界動向
埼玉県蓮田市の国立病院機構東埼玉病院は2月6日、個人情報を記録したメモリを紛失したことが判明したと発表した。紛失が判明したのはメモリースティックで、重症心身障害者病棟に入院したすべての患者(73名分)の氏名、住所、生年月日、病名、入退院年月日などが記録されていた。このメモリは同病棟の看護師長が管理しており、ナースステーションにあった共有PCに差し込んだまま席を外していたところ、およそ1時間後になくっていることに気づいたという。

国立病院機構東埼玉病院
http://www.hosp.go.jp/~esaitama/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×