国立病院機構東埼玉病院、個人情報を記録したメモリを紛失 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.20(火)

国立病院機構東埼玉病院、個人情報を記録したメモリを紛失

製品・サービス・業界動向 業界動向

埼玉県蓮田市の国立病院機構東埼玉病院は2月6日、個人情報を記録したメモリを紛失したことが判明したと発表した。紛失が判明したのはメモリースティックで、重症心身障害者病棟に入院したすべての患者(73名分)の氏名、住所、生年月日、病名、入退院年月日などが記録されていた。このメモリは同病棟の看護師長が管理しており、ナースステーションにあった共有PCに差し込んだまま席を外していたところ、およそ1時間後になくっていることに気づいたという。

国立病院機構東埼玉病院
http://www.hosp.go.jp/~esaitama/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×