ICタグ認証で第三者によるパソコンの盗み見を防止するセキュリティシステムを発売 (DNP) | ScanNetSecurity
2022.01.22(土)

ICタグ認証で第三者によるパソコンの盗み見を防止するセキュリティシステムを発売 (DNP)

大日本印刷株式会社(DNP)は1月15日、ICタグを認証してパソコン画面をロックさせ、第三者による盗み見を防止するセキュリティシステム「HandyLock(ハンディロック)」を開発、1月中旬より販売を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
大日本印刷株式会社(DNP)は1月15日、ICタグを認証してパソコン画面をロックさせ、第三者による盗み見を防止するセキュリティシステム「HandyLock(ハンディロック)」を開発、1月中旬より販売を開始すると発表した。

本製品はセキュリティ対策を講じたいパソコンに、画面ロックソフトをインストールし、ICタグリーダーを接続する。パソコンの画面には自動的にロックがかかり、キーボードやマウスでの入力を受け付けなくなるが、パソコン対応したICタグをICタグリーダーにかざすことで解除される。IDやパスワードの入力は不要。

安価なICタグを個人認証媒体として使い、パソコンの画面からの情報漏洩を防止するという単機能に絞り込むことで、低コストでの導入を実現している。価格は100台のパソコンを300人の従業員で共用する場合、128万円。

http://www.dnp.co.jp/jis/news/2007/070115.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×