ブラウザ向けフィッシング防止機能を搭載(Opera) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.16(金)

ブラウザ向けフィッシング防止機能を搭載(Opera)

Opera Software社は12月18日、ブラウザソフトの最新版「Opera 9.1」に、リアルタイムなフィッシング防止機能を搭載したと発表した。この機能は、デジタル証明書プロバイダであるGeoTrust社と、インターネット上のフィッシング詐欺の情報をデータベース化しているサイトで

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
Opera Software社は12月18日、ブラウザソフトの最新版「Opera 9.1」に、リアルタイムなフィッシング防止機能を搭載したと発表した。この機能は、デジタル証明書プロバイダであるGeoTrust社と、インターネット上のフィッシング詐欺の情報をデータベース化しているサイトであるPhishTankのテクノロジーを利用したもの。

前バージョンである「Opera 8」では、フィッシングサイトが信用のおける検証済みサイトになりすましていないかのチェックを手助けするセキュリティ情報欄が用意されていたが、新バージョンに搭載されるフィッシング防止機能では、リアルタイムでフィッシングを検出するとともに、フィッシングが疑われるサイトの検証をほぼ瞬時に行うことができる。

http://jp.opera.com/pressreleases/ja/2006/12/18/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×