Black Hat Japan 2006 Briefings 潜入レポート(2)AJAXウェブアプリケーションへの攻撃: Web2.0の脆弱性 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.16(金)

Black Hat Japan 2006 Briefings 潜入レポート(2)AJAXウェブアプリケーションへの攻撃: Web2.0の脆弱性

2006年10月5日,6日に新宿で開催され盛況のうちに幕を閉じた、国際セキュリティ会議 Black Hat Japan 2006 Briefings には、世界各国及び日本国内から、著名なコンピュータセキュリティのエキスパートが集結、世界トップクラスの研究成果と、知識・経験が発表されました。

特集 特集
2006年10月5日,6日に新宿で開催され盛況のうちに幕を閉じた、国際セキュリティ会議 Black Hat Japan 2006 Briefings には、世界各国及び日本国内から、著名なコンピュータセキュリティのエキスパートが集結、世界トップクラスの研究成果と、知識・経験が発表されました。

会期中は、多数の入場者が訪れたばかりか、その選りすぐられた講師陣が海外でも話題を呼び、ヨーロッパ等国外からの参加者も多数来日しました。

同会議には今年も昨年に引き続き、日頃SCANに寄稿いただいている専門技術者の方が、レポーターとして、参加しました。「Winny」「カーネル内でのWindowsフォレンジック分析」「イントラネットへの外部からの攻撃」「AJAXウェブアプリケーションへの攻撃」等、BHJ2006 のハイライトの一部を紹介します。

──────

●Ajaxでは攻撃も複雑化

従来のWebアプリケーションでは、殆どのプロセスがサーバ側で処理されていたが、Ajaxのアーキテクチャではサーバ側とクライアント側の双方で処理が行われる。つまり、攻撃者にとって標的が増えたことになるのである。Ajaxは、JavaScriptを利用した手法であるため、これらのプロセスの処理はブラウザ上で行われる。つまり、悪意のあるJavaScriptをダウンストリームに埋め込むことにより、容易に不正操作を行うことが可能となるといえる。

Alex氏は、攻撃例としてクロスサイトスクリプティング(以降、XSS)とクロスサイトリクエストフォージェリ(以降、XSRF)を例に挙げ、Web 1.0とWeb 2.0(Ajax)環境における攻撃方法の差異を説明した。

先ず、XSSの場合だが、Web 1.0の通信方式ではHTMLをブラウザにダウンロードしていたため、攻撃者はHTMLにスクリプトを挿入すれば良かった。例えば、入力フォームに

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×