「いつ、誰が、何をしたか?」を把握できるセキュアLANスイッチを発売(日商エレクトロニクス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.14(火)

「いつ、誰が、何をしたか?」を把握できるセキュアLANスイッチを発売(日商エレクトロニクス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日商エレクトロニクス株式会社は12月7日、米ConSentry Networks社製のエンタープライズ向セキュアLANスイッチ「LAN ShieldスイッチCS4048Xシリーズ」の取り扱い開始を発表し、12月8日より販売を開始した。

同製品は、従来の802.1x認証スイッチとは異なり、社内ネットワークへのユーザー認証だけではなく、接続後の従業員の振る舞いを検知し、重要サーバやファイルへのアクセスコントロールやアプリケーションコントロール、マルウェアの検知と防御等の機能を搭載したセキュアLANスイッチ。LAN Shieldアーキテクチャーの採用により、L7レベルでのパケット解析を実施しつつ10Gbpsのスループットを実現し、ユーザーID、IPアドレス、MACアドレスを紐付けることにより「いつ、誰が、何をしたか?」を把握かつコントロールすることが可能。マルウェアの検知も、シグニチャーを利用しない振る舞い検知アルゴリズムによるため、未知のマルウェアにも対応できる。価格は3,129,000円〜。

http://www.nissho-ele.co.jp/press/goods/2006/0612_con-cs4048x.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×