システム管理者のサーバへのアクセスを記録・監査できるシステムを発売(PFU) | ScanNetSecurity
2022.06.27(月)

システム管理者のサーバへのアクセスを記録・監査できるシステムを発売(PFU)

株式会社PFUは11月10日、情報システムの運用における、システム管理者のサーバへのアクセスと操作を記録・監査できる「PFU アクセス制御・監査システム」の販売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社PFUは11月10日、情報システムの運用における、システム管理者のサーバへのアクセスと操作を記録・監査できる「PFU アクセス制御・監査システム」の販売を開始した。

同システムは、同社のアクセス監査ソフトウェア「iNetSec Access Audit V1.0」とTop Layer Networks社のネットワーク認証機器「Secure Controller」を連携させたもので、利用者認証によるネットワークレベルでの通信制御に加え、システム管理作業の履歴や内容の自動的な記録と、ポリシーに基づいた違反内容の自動抽出による監査を実現するもの。既存サーバや作業端末に特別なソフトウェアをインストールすることなく追加できるため導入は容易。また、専用ハードウェアでアクセス制御を行うためネットワークへの負荷も軽減できる。価格は350万円(税別)〜。12月出荷予定。

http://www.pfu.fujitsu.com/topics/new061110.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×