学生ローンの個人情報漏洩にみる事件通知のメリット、デメリット(2)情報漏洩の報道が詐欺に繋がるケースも | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.14(金)

学生ローンの個人情報漏洩にみる事件通知のメリット、デメリット(2)情報漏洩の報道が詐欺に繋がるケースも

●7月にはテープ紛失

特集 特集
●7月にはテープ紛失

さらに、7月にも学生のローンを提供する企業、Nelnetが、18万8000件の情報の入ったテープを紛失したと発表している。

Nelnetはネブラスカ州の民間企業で、昨年11月、Colorado College Networkと“戦略的提携関係”を結んでいる。テープ紛失はNelnetからだが、行方不明のテープには主にColorado College Network の、2002年11月1日から2006年5月31日までのローン情報が入っていた。

紛失はUPSがテープをコロラドからテキサス州へ送付した際に起こった。テープにはローン利用者の氏名、社会保険番号、その他、各ユーザーのアカウントに関する情報が一部入っていた。

UPSでも、あらゆる場所について、広範囲に調査を行っているが、テープは見つかっていない。しかし、同社の管理下から離れたことはなかった、すなわち、UPS内のどこかにまだあると考えているようだ…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
この記事には続きがあります。
全文はScan Security Management本誌をご覧ください。

◎有料版Scan申込> http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m02_ssm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×