大阪日本橋において海賊版を販売していた露天商27人を一斉摘発 | ScanNetSecurity
2021.06.23(水)

大阪日本橋において海賊版を販売していた露天商27人を一斉摘発

ACCS(社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)によると、大阪府警生活安全特別捜査隊と19の警察署は9月20日、大阪・日本橋の電気街(通称・でんでんタウン)において、権利者に無断で複製したコンピュータソフトウェアや洋画などの映像DVDなどを露天販売していた

製品・サービス・業界動向 業界動向
ACCS(社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)によると、大阪府警生活安全特別捜査隊と19の警察署は9月20日、大阪・日本橋の電気街(通称・でんでんタウン)において、権利者に無断で複製したコンピュータソフトウェアや洋画などの映像DVDなどを露天販売していたとして、大阪市の無職男性(39歳)ら27人(20人逮捕、7人を取り調べ)を著作権法違反の疑いで検挙したと発表した。

男性らは、20日午後3時、「でんでんタウン」路上において、株式会社ヴァル研究所が著作権を有する「駅すぱあと」などを無断で複製したCD-Rなど多数を販売する目的で所持していた。また捜索は、でんでんタウンの露店のほか、近くのコインパーキングに駐車されていた車や、関係者らの自宅など複数の場所で行われ、CD-RやDVD-Rなど約5,000点が押収された。

ACCS
http://www2.accsjp.or.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×