認証制度の効果と課題(3)別な仕組みを作る動き | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

認証制度の効果と課題(3)別な仕組みを作る動き

特集 特集

認証制度のサービスの質が低下すると、企業は別な物差しを必要とする。それなら認証制度のサービスの質を低下しない対策として、「新たに高いサービスを対象としたルールを作ればいい」という考え方がある。実際に、既存のルールに追加ルールを設け、複数のマークを提供している認証機関がある。不可能ではないが、マークが増えることによって利用者に混乱、誤解を生じやすくなる欠点がある。多くの認証制度で、子供を保護するために、子供向けのマークが存在するが、いま一歩普及していない。そこで認証制度の見直し、新たな認証制度が次々と誕生している。その動きは、「ルールの見直し」、「業界向け認証制度」、「製品向け認証制度」の3つに分類できる。

●「ルールの見直し」

既存の認証制度が陳腐化すれば、仕組み自身が崩壊する。これを防ぐために、ルールの見直しを行う。多くの認証制度では数年毎に改訂が行われている。認証取得企業は改訂に伴う作業(コスト負担)が発生するが、改訂されたルールを満たさない企業は脱落し、結果的にマークに対する信頼が確保され、認証制度の維持につながる…

【執筆:情報セキュリティアナリスト 杉崎仁】

──
この記事には続きがあります。
全文はScan Security Management本誌をご覧ください。

◎有料版Scan申込> http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m02_ssm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×