疑問視されるオハイオ大学のセキュリティ(1)短期間に情報漏えいが連続して発生 | ScanNetSecurity
2020.10.28(水)

疑問視されるオハイオ大学のセキュリティ(1)短期間に情報漏えいが連続して発生

大学はハッカーに狙われやすいというのは定説だが、今年4月下旬から米国のオハイオ大学で情報漏洩事件が続いている。今回は、特に同大学でのセキュリティ体制などを見てみたい。

特集 特集
大学はハッカーに狙われやすいというのは定説だが、今年4月下旬から米国のオハイオ大学で情報漏洩事件が続いている。今回は、特に同大学でのセキュリティ体制などを見てみたい。

同大学のウェブサイトによると、4月21日、FBIがオハイオ大学イノベーションセンターの技術移転部に対して、オフィス・ファイルを保管しているサーバーが攻撃を受けたことを連絡してきたのが、連続している情報漏洩発表の最初の事件だ。このサーバーにはe-mailや特許、知的所有権関連のファイルをはじめ、パーキングパスに関連して35件の社会保険番号が保管されていた。個人情報漏洩としては、規模は小さいものだった。

しかし、その3日後の4月24日…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
この記事には続きがあります。
全文はScan Security Management本誌をご覧ください。

◎有料版Scan申込> http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m02_ssm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×