主に重要インフラ企業を対象とした内部不正対策ソリューションを提供開始(日本高信頼システム) | ScanNetSecurity
2020.11.25(水)

主に重要インフラ企業を対象とした内部不正対策ソリューションを提供開始(日本高信頼システム)

日本高信頼システム株式会社は6月26日、システムメンテナンスを一元管理できる「トラステッド ゲートウェイ ソリューション」(TGS)を7月1日より提供すると発表した。主に重要インフラ企業を対象としており、数千台規模の行先、セッション制御が可能。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本高信頼システム株式会社は6月26日、システムメンテナンスを一元管理できる「トラステッド ゲートウェイ ソリューション」(TGS)を7月1日より提供すると発表した。主に重要インフラ企業を対象としており、数千台規模の行先、セッション制御が可能。

同ソリューションは、メンテナンス対象システムへの「アクセス制限」や、“いつ”“誰が”“どこへ接続し”“何をしたか”などの対象システムへの接続から切断までの「操作ログ収集」が行なえる。これにより内部不正に対する徹底的な抑止効果が得られ、故意または過失によるシステムダメージを軽減することができる。監視(操作)証跡は、マルチレベルセキュリティ(MLS)機能を有するセキュアOS「TrustedOS」機能で保護するため、高度な操作証跡保全を実現する。

http://www.jtsl.co.jp/japanese/press/20060626tgs.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×