紙文書と電子文書を一元化し、高度なセキュリティも実現する3製品を発売(リコー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.27(日)

紙文書と電子文書を一元化し、高度なセキュリティも実現する3製品を発売(リコー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社リコーは6月20日、紙文書と電子文書を一元化することで、効率的なワークフローや高度なセキュリティを実現する3製品を6月22日から順次発売すると発表した。発売されるのは、ワークフローシステム「Ridoc Document Flow」、画像ログ収集・管理システム「Ridoc Document System 画像ログオプション」、セキュリティシステム「Ridoc Policy Base Pro V1」の3製品。

「Ridoc Document Flow」は、同社のデジタル複合機(MFP)「imagioシリーズ」や文書管理システム「Ridoc Document Server」と組み合わせ、紙文書と電子文書のワークフローを一元化し、効率的で迅速な意思決定を支援するワークフローシステム。「Ridoc Document System 画像ログオプション」は、MFPでコピー・ファクス・プリント・スキャンした文書の画像データや操作ログを収集・管理できる画像ログ収集・管理システム、「Ridoc Policy Base Pro V1」は、セキュリティポリシーに従って、電子文書の利用権限を設定したセキュアPDFファイルを作成し、ユーザの階層に応じて閲覧/印刷の制御を行うセキュティシステムとなっている。

http://www.ricoh.co.jp/release/by_field/system/2006/0620.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×