紙文書と電子文書を一元化し、高度なセキュリティも実現する3製品を発売(リコー) | ScanNetSecurity
2021.08.06(金)

紙文書と電子文書を一元化し、高度なセキュリティも実現する3製品を発売(リコー)

株式会社リコーは6月20日、紙文書と電子文書を一元化することで、効率的なワークフローや高度なセキュリティを実現する3製品を6月22日から順次発売すると発表した。発売されるのは、ワークフローシステム「Ridoc Document Flow」、画像ログ収集・管理システム「Ridoc Do

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社リコーは6月20日、紙文書と電子文書を一元化することで、効率的なワークフローや高度なセキュリティを実現する3製品を6月22日から順次発売すると発表した。発売されるのは、ワークフローシステム「Ridoc Document Flow」、画像ログ収集・管理システム「Ridoc Document System 画像ログオプション」、セキュリティシステム「Ridoc Policy Base Pro V1」の3製品。

「Ridoc Document Flow」は、同社のデジタル複合機(MFP)「imagioシリーズ」や文書管理システム「Ridoc Document Server」と組み合わせ、紙文書と電子文書のワークフローを一元化し、効率的で迅速な意思決定を支援するワークフローシステム。「Ridoc Document System 画像ログオプション」は、MFPでコピー・ファクス・プリント・スキャンした文書の画像データや操作ログを収集・管理できる画像ログ収集・管理システム、「Ridoc Policy Base Pro V1」は、セキュリティポリシーに従って、電子文書の利用権限を設定したセキュアPDFファイルを作成し、ユーザの階層に応じて閲覧/印刷の制御を行うセキュティシステムとなっている。

http://www.ricoh.co.jp/release/by_field/system/2006/0620.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×