セガトイズ、アンケートメールの宛先設定ミスで12,639件のアドレスが流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.17(金)

セガトイズ、アンケートメールの宛先設定ミスで12,639件のアドレスが流出

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社セガトイズは6月13日、同社のアンケートメールの配信時に宛先メールアドレスを「CC」に設定してしまうミスにより、12,639件のメールアドレス情報が流出したと発表した。また、ミスに気づき「メッセージの取り消し」を行ったところ、同様のメールが再度配信された。

同社では、外部の専門家を交えて再発防止に努め、個人情報の取り扱いに関する教育を徹底していくとしている。また、同社でのアンケートメールの配信を一時停止し、システムのあり方についても見直しを行うという。

セガトイズ:個人情報の流出に関するお詫びとお知らせ
http://www.segatoys.co.jp/ir/libra/20060613ir.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×