オンラインゲーム通貨の現金取引「RMT」の実態(3)実際の取引手段と相場 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.19(木)

オンラインゲーム通貨の現金取引「RMT」の実態(3)実際の取引手段と相場

特集 特集

前回まではゲーム世界のバーチャルな通貨を、現実の通貨で買うRMT(リアルマネートレード)についての概要と、その実体や問題点について紹介してきた。

RMTでは、ゲーム内通貨と現金とを取引するわけだが、ゲーム運営会社自体がRMTのための仕組みを用意していない限りは、決済すれば直ちに自分のキャラクターの所持金が増えているということはない。それでは、RMTではいったいどのように取引を行っているのだろうか。

●オークションサイト顔負け!購入者に優しいRMT

RMTの取引の仕組みはオークションに似ている部分が多い。ただし、ほとんどのMMORPGではRMTが禁止されているか、運営者側が黙認しているだけで推奨されているわけではないので、ゲーム自体にRMTをスムーズに行うための仕組みが用意されているわけではない。しかし、運営会社が用意していないだけで、RMTの仲介業者はあの手この手でスムーズに取引を行う手段を提供している。
 
・受け渡し手段
オークションでもそうであるが、購入者にとって気になるのは受け渡しの手段である。ほとんどの場合では、先に購入者からの入金があり、それを仲介業者が確認次第、購入者にゲーム内通貨やアイテムを渡すという段取りである。仲介業者が購入品を購入者に渡すときには、ゲーム内でお互いのキャラクター同士が会うことになる。というのは、他に受け渡す方法がないからである。

注文時などに購入者もしくは仲介業者が、受け渡しの日時と、ゲーム内の場所を指定し、お互いのキャラクター名を伝えあっておく。そして、その時間にお互いがログインしておき、ゲーム内のメッセンジャーなどで連絡を取る。ゲーム内で落ち合えたならば、仲介業者のキャラクターから購入者のキャラクターへゲーム内通貨やアイテムを手渡す。

もし、この受け渡し現場をゲーム内で見かけたとしても、通常は気が付くことはない。仲介業者のキャラクターが有名ならば別であるが、普通はただキャラクター同士が会話しているようにしか見えないのだ。これはゲーム運営会社にとっても同様である。キャラクター同士がアイテムの受け渡しやゲーム内通貨の授受を行うことができるのは仕様なので、ゲーム内で認められている操作を行っているに過ぎない。現金のやり取りはゲーム外で行われているので、運営会社の知るところではない。
 
・決済手段
RMTの取引で提供されている決済手段は一般的なショッピングサイトやオークションサイトのそれと何ら遜色がないものである。決済する場所は、仲介業者が自らのWebサイトを運営してその中に決済システムを持っている場合と、大手オークションサイトで取引と決済システムの両方を利用している場合がある。決済手段はクレジットカードを始め、銀行振り込み、オークションサイトが備える簡単な決済システムなど多岐に渡る。
 
【執筆:上野 宣( http://www.usagidesign.jp/ )】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

    グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

  2. [対談] 人工知能は重要経営課題となったサイバーリスクに対抗できるか

    [対談] 人工知能は重要経営課題となったサイバーリスクに対抗できるか

  3. マンガで実感 !! サイバーセキュリティ 第1話「静かなる目撃者」

    マンガで実感 !! サイバーセキュリティ 第1話「静かなる目撃者」

  4. Heart of Darknet - インターネット闇の奥 第3回「アクターとダークウェブ」

  5. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第4回 「"やりかねない"男」

  6. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第1回 「プロローグ:身代金再び」

  7. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  8. Man in the Browser と Man in the Middle 攻撃(CA Security Reminder)

  9. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第2回 「二重帳簿」

  10. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第3回「通信密室」

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×