福島県いわき市立病院と保育園から新たな個人情報流出が判明 | ScanNetSecurity
2021.07.24(土)

福島県いわき市立病院と保育園から新たな個人情報流出が判明

福島県いわき市は4月18日、同市立総合磐城共立病院職員の人事情報および市民、また小名浜地区にある市立保育園の児童と職員の個人情報が流出していることが判明したと発表した。同市では先日、職員の人事情報が流出している。前回、今回ともにWinnyウイルス感染が原因と

製品・サービス・業界動向 業界動向
福島県いわき市は4月18日、同市立総合磐城共立病院職員の人事情報および市民、また小名浜地区にある市立保育園の児童と職員の個人情報が流出していることが判明したと発表した。同市では先日、職員の人事情報が流出している。前回、今回ともにWinnyウイルス感染が原因と見られている。

流出が確認された個人情報は、同市立総合02年度から05年度にかけての2002年度から2005年度にかけての職員78人の人事情報および市民119人の氏名など、および小名浜地区にある市立保育園の2001年度に入所した児童97人と職員19人の氏名、住所、電話番号など。

福島県いわき市
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×