迷惑メール対策およびセキュリティ対策の強化を開始(NTTコミュニケーションズ) | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

迷惑メール対策およびセキュリティ対策の強化を開始(NTTコミュニケーションズ)

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社は、OCN会員が受信したメールについて迷惑メールである可能性をユーザに告知する無料の「迷惑メール自動判定」サービスを4月下旬より開始すると発表した。同サービスは、OCNサーバで迷惑メールである可能性を計算し、判定

製品・サービス・業界動向 業界動向
エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社は、OCN会員が受信したメールについて迷惑メールである可能性をユーザに告知する無料の「迷惑メール自動判定」サービスを4月下旬より開始すると発表した。同サービスは、OCNサーバで迷惑メールである可能性を計算し、判定結果(%)や迷惑メールであることを示す「meiwaku」表記を件名などに付与し、ユーザへ知らせるというもの。

同機能とメールソフトの仕分け機能を併せて利用することで、迷惑メールを指定のフォルダに自動的に仕分けることが可能だ。また同社は動的IPアドレスからOCN会員宛のメールを規制する「Inbound Port 25 Blocking」も4月下旬より開始するとともに、不正な通信を遮断するために送信元IPアドレスの正当性を検証するuRPFについて、全OCNサービスを対象に4月5日より順次採用する。

http://www.ntt.com/release/2006NEWS/0004/0405.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×