暗号化ファイルの復号時にWinnyを検索する「Safety Disclosure Find Winny」の提供を開始(イーディーコントライブ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

暗号化ファイルの復号時にWinnyを検索する「Safety Disclosure Find Winny」の提供を開始(イーディーコントライブ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

イーディーコントライブ株式会社は3月22日、Winnyなどのファイル共有プログラムがインストールされているPCでは、ファイルの復号が不可能となる暗号化プログラム「Safety Disclosure Find Winny」の提供を開始したと発表した。本製品は受注生産での提供となる。

本製品は、取引先など、メールなどで暗号化ファイルを添付して送信した場合に、送信先のPCのHDD内を走査し、PC内にWinnyなどが存在する場合は復号プログラムの起動を停止するというもの。これまで自社での管理PCにおいては、Winnyなどのファイル共有プログラムの利用を抑止することが可能だが、データ移送先のPCの管理をすることは不可能であったが、、同ツールを利用することで、メールによるデータ移送でもWinny対策が行えるようになる。

http://www.ed-contrive.co.jp/html/new_info/pressreleases/060322.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×