内部情報漏洩対策システムの新バージョン「CWAT3i」を発売(IWI) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

内部情報漏洩対策システムの新バージョン「CWAT3i」を発売(IWI)

株式会社インテリジェント ウェイブは、同社の内部情報漏洩対策システム「CWAT」をメジャーバージョンアップした新バージョン「CWAT3i」を3月13日に出荷すると発表した。英語版も同日に出荷予定。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社インテリジェント ウェイブは、同社の内部情報漏洩対策システム「CWAT」をメジャーバージョンアップした新バージョン「CWAT3i」を3月13日に出荷すると発表した。英語版も同日に出荷予定。

新バージョンでは、監視サーバがマルチランゲージに対応したほか、個人情報の漏洩や改竄の検知、防止を目的とした「個人情報自動検知機能」の追加や、普段は禁止される操作を一時的に利用承認する「上司認証フロー」の一部機能を追加した。さらに特異挙動検知エンジンも改善し、より使いやすくなっている。価格は「Organization Monitor International(OMI)」が250万円から、「OPDC Pro」が1.87万円/1クライアント〜(「OPDC」0.95万円/1クライアント〜)。

http://www.iwi.co.jp/pdf/pdf_060210_1.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×