NTT東日本、メール設定ミスで579件分のアドレスを送信メールに表示 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

NTT東日本、メール設定ミスで579件分のアドレスを送信メールに表示

製品・サービス・業界動向 業界動向

東日本電信電話株式会社は2月9日、同社と相互接続を行っている協定事業者への告知をメールにて送信する際に、誤って送信先である579件分のメールアドレスが表示される形式で送信していたことが判明したと発表した。

同社では、該当する協定事業者の担当者の方々に対し、メールにより直ちに報告とお詫びをするとともに、着信メール削除の依頼した。

NTT東日本:メールアドレスの誤送信について
http://www.ntt-east.co.jp/release/0602/060209.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×