スパイウェア技術とテスト手法の業界標準を確立(トレンドマイクロ、シマンテック、マカフィー、ICSAラボ、トンプソンサイバーセキュリティラボ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.24(土)

スパイウェア技術とテスト手法の業界標準を確立(トレンドマイクロ、シマンテック、マカフィー、ICSAラボ、トンプソンサイバーセキュリティラボ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

McAfee社、Symantec社、トレンドマイクロ株式会社、ICSAラボ社、トンプソンサイバーセキュリティラボ社の5社は1月30日、スパイウェア軽減技術の識別とテスト手法を創出するために合意したと発表した。
現在、テスト結果と製品推奨が公表される際には、製品テスト実施者がテストサンプルや手法を明確に説明することはほとんどなく、そのテスト環境でごく限られた数のサンプルしか使用していないことが一般的となっている。

そのため、ベンダ比較のための有効なベンチマークが存在せず、ユーザにとっては、それぞれの環境に対してどれが最も効果的であるかは分からない。しかし今回の合意において、第三者評価のための標準の測定法と共通のサンプルが採用されることで、これまで測定困難であった特性が業界全体で統一され、ユーザにとってソリューション比較がより容易となる。

http://www.trendmicro.com/jp/about/news/pr/archive/2006/news060131.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×