マカフィー、1月のネットワーク脅威の最新状況を発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.12(水)

マカフィー、1月のネットワーク脅威の最新状況を発表

マカフィー株式会社は2月1日、2006年1月におけるネットワーク脅威の最新状況を発表した。発表によるとウイルスの傾向は、多くの企業・個人に銀行口座を入力させるようなフィッシングメールまたはそれと同じ手口を用いたメールが大量に配信されていることが確認された。

製品・サービス・業界動向 業界動向
マカフィー株式会社は2月1日、2006年1月におけるネットワーク脅威の最新状況を発表した。発表によるとウイルスの傾向は、多くの企業・個人に銀行口座を入力させるようなフィッシングメールまたはそれと同じ手口を用いたメールが大量に配信されていることが確認された。

マシン別、企業別とも先月まで上位にあったJS/Wonkaが姿を消し、新たにPhish‐BankFraud.emlが検知マシン数でトップ、企業数でも3位となった。また、Exploit-WMFは昨年末にゼロデイで発生したマイクロソフトのgraphicrendering engineの脆弱点(MS06-01)を狙うトロイの木馬で、検知企業数でトップ、検知マシン数で2位であった。マシン別では前月に引き続き、Antinnyが数種ランクインしている。

PUP:不審なプログラムでは、全体の検知件数が増えているが、これは同社のMcAfee Managed VirusScan + Anti-Spywareの検知精度が大幅向上したことによるとしている。Top10全体の構成では、従来以上にAdwareが占める割合が上がっている。Adware-GAINとAdware-Gatorはともにダイレクトマーケティング用のツールで、ほとんどの場合アプリケーションのインストールと同時にPCにインストールされていると思われる。

同社の技術統括本部長である加藤義宏氏は「上位を占めるExploitを含め、不正にデータを搾取しようとするものが大半であり、ウイルス感染はPCやネット環境の不全だけでなく金銭被害を意味する時代に移行しつつあります。」と述べている。

マカフィー
http://www.mcafee.com/jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×