スパイウェアを使用しネットバンクに不正アクセス、送金を行った被疑者を逮捕 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

スパイウェアを使用しネットバンクに不正アクセス、送金を行った被疑者を逮捕

製品・サービス・業界動向 業界動向

警視庁は、同庁のWebサイト「情報セキュリティ広場」において、「スパイウェアを使用したインターネットバンキングに対する不正アクセス禁止法違反等被疑者を逮捕」を「インターネット事件簿」に追加した。

記事によると、この被疑者はスパイウェアを作成の上、某会社のネットバンキング用のID、パスワードを不正に入手し、他人の住居などの無線LANアクセスポイントを利用し、入手したID、パスワードを使い銀行のサーバに不正アクセスを行い、他人名義の口座などから自己が管理する口座に約1,500万円を送金していた。

この事件には、「不正アクセス行為の禁止等に関する法律違反」および「電子計算機使用詐欺罪」が適用された。

警視庁:情報セキュリティ広場
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/jiken/kenkyo/jiken.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×