筑波大学学生の個人PCがWinnyウイルス感染、患者の個人情報が流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

筑波大学学生の個人PCがWinnyウイルス感染、患者の個人情報が流出

製品・サービス・業界動向 業界動向

筑波大学は1月20日、同大学医学専門群の学生が個人所有するPCがWinnyウイルス感染し、臨床実習の際の筑波大学病院患者情報が流出していたことが判明したと記者会見で発表した。流出した個人情報は、この学生が臨床実習のレポートを作成するため独自に作成したものだったという。

この学生は昨年7月にWinnyをPCにインストールし、10月頃に音楽ファイルをダウンロードした際にウイルス感染、個人情報がアップロードされたと思われる。その後、本年1月18日までWinnyネットワークで参照可能になっていた。流出したファイルには、患者の氏名が含まれる資料20件、患者のイニシャルが含まれる資料5件、匿名の資料16件が含まれていた。

筑波大学:学生が保持していた個人情報の流出について
http://www.tsukuba.ac.jp/koho/press/press060119.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×