フラッシュメモリやHDDを内蔵した指紋認証製品「Fingerprint Access」の販売を開始(荏原実業) | ScanNetSecurity
2020.10.26(月)

フラッシュメモリやHDDを内蔵した指紋認証製品「Fingerprint Access」の販売を開始(荏原実業)

荏原実業株式会社は、医療システムソフトの開発を手掛けるシステムアドバンスが開発したUSB指紋認証製品「Fingerprint Access」の販売を開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
荏原実業株式会社は、医療システムソフトの開発を手掛けるシステムアドバンスが開発したUSB指紋認証製品「Fingerprint Access」の販売を開始する。

本製品は、指紋認証機能にフラッシュメモリやHDDを組み合わせたもので、PC内やフラッシュメモリ(またはHDD)内のデータやフォルダを簡単に暗号化し、指紋認証によるアクセスコントロールを実現するもの。フォルダ同期機能も搭載しており、PC内データと搭載したフラッシュメモリやHDD内のデータを同期させ、常に最新の状態で保持することができるため、安全なデータの持ち運びに利用可能。
また、「Outlook Express」アカウント(HDDタイプ)や、ブラウザの「お気に入り」(フラッシュメモリタイプ)の持ち運びも可能となっている。タイプは、128MB/256MB、CFType4.0GB、20GB/40GBの3種類。

価格はオープン(参考価格6,500円〜39,000円)。販売開始は2月1日より。

http://www.ejk.co.jp/topics/ir_pre06_0112_sinseihin_shimon_ninshou.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×