ワコールオンラインショップの顧客データ流出、新たに367名分が判明 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.19(火)

ワコールオンラインショップの顧客データ流出、新たに367名分が判明

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社ワコールは11月24日、同社のオンラインショッピングサイト「ワコールオンラインショップ」において外部からの不正アクセスによって顧客情報が流出したことに関し、新たに顧客データの流出が判明したと発表した。新たに判明したのは367名分で、これまでに判明しているデータと合わせ5,124名分の顧客情報が流出したことになる。

 新たに判明したのは、2003年10月30日から12月23日および2005年11月10日から11月14日にワコールオンラインショップで商品を購入した顧客。このうち117名の顧客情報にクレジットカード情報が含まれていたという。これは、11月24日朝に、日本電気株式会社より、同社IT戦略部セキュリティ技術センターでの精査の結果報告を受けての発表だという。

ワコール:ワコールオンラインショップ 顧客データの流出について
http://www.wacoal.co.jp/owabi0511/

NECネクサソリューションズ:ワコールオンラインショップのお客様データ流
出に関するお詫びとデータの追加流出に関するお知らせ
http://www.nec-nexs.com/news/info/051124.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×